一人一人が自分の仕事をきちっとこなすこと。

母の手作り洋服

懐かしい写真を見つけました。
小さい頃のアルバム写真の中で、ザクザク短く切った髪の女の子は3歳くらいの私の写真です。
男の子のように見えるが、サマードレスを着ているので唯一女の子って分かる手がかりになっています。
あの頃、3姉妹の末っ子だったから洋服もお古ばっかりだったのに、このサマードレスはお気に入りで母の手作りでした。
野花の刺?がスカートの裾にあしらって本当に可愛いと思います。
今でも大事に保存していたらって思います。
母は、子供用の洋服をたまに作っていてレースや刺?、フリフリのスカートを3姉妹分楽しみながら作っていたようです。
小学校高学年になると、さすがにフリフリなスカートなんて着たら恥ずかしいので作るのを止めてしまいました。
ミシンでガタガタ縫っているあの音を聞くことも無くなってちょっと寂しいような気がして、めがねケースを作って欲しいと頼んだこともあります。
それから、小物などを主に作るようになりました。
今でも、友人のショップやちょっとしたイベントにも作品を置いてもらうようになり日々張りがある生活を楽しんでいます。
ミュゼ仙台店